HONDA、「スーパーカブ110」のサービスキャンペーン

改修の開始日:平成21年10月1日

【不具合の内容】
ハイテンションコード(点火プラグコード)の配索が不適切なため、吸気圧センサーに近接することがある。そのため、ハイテンションコードからの放射ノイズにより吸気圧センサーが故障して出力電圧が異常となり、PGM−FI警告灯が点灯してアイドリング回転が不安定になるおそれがある。

【改善の内容】
ハイテンションコードを適正位置に固定する保持金具を新設するとともに、吸気センサーユニットを新品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
ダイレクトメールで通知する。

【対象車の通称名、車台番号の範囲及び製作期間】
スーパーカブ110 JA07-1000030〜JA07-1003818 平成21年6月10日〜平成21年8月20日

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る