全日本ロードレース選手権 第5戦 レポート掲載

岡山国際サーキットは岡山市内からおよそ1時間、高速道路を使えば、大阪、神戸、広島などからも2時間前後とアクセスの良いサーキット。全長3,703メートル、高低差29メートルのコースは観客席と近接し、レースの迫力を全身で感じられるレイアウトとなっている。

ノックアウト方式がすっかり定着してきた全日本ロードレースJSB1000クラス。事前テストでもトップタイムをマークして、順調な仕上がりを見せてきた柳川は第1セッションを3番手のタイムでクリア。安定したタイムで周回し、レース周回に近い16ラップをこなした。24台から12台に絞り込まれる第2セッションでは、わずかにタイムを落としたものの1分30秒601をマークして4位通過。決勝グリッドを決める第3セッションへと駒を進めた。夏を思わせるような強い陽ざしのもと、路面温度も上昇。そんな中、一発のタイムを狙うよりも決勝レースを想定した走りに終始するため、ロングライフのタイヤを選択した柳川だったが、1分29秒755で今季初のフロントローを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る