スズキ、「アドレスV125」のリコール 燃料タンクから燃料が漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-2353

■リコール開始日
平成21年7月10日

■不具合の部位(部品名)
その他(燃料装置)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンクキャップの形状が不適切なため、亀裂が発生するものがある。そのため、開閉操作の繰り返しにより当該キャップの亀裂が進行し、そのまま使用を続けると燃料が漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、燃料タンクキャップを対策品と交換する。

■車名
スズキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

アドレスV125(EBJ-CF4EA)

CF4EA-107187 ~ CF4EA-113475
2009年01月15日 ~ 2009年03月11日

計4,084台

1123530

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  2. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  3. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  4. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
ページ上部へ戻る