BMW、「F650GS」のリコール リアスプロケットの固定ボルトが緩み走行不能になるおそれ

■リコール届出番号
外-1544

■リコール開始日
平成21年1月22日

■不具合の部位(部品名)
スプロケット

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
リアスプロケットの固定ボルトにおいて、製造工程における当該ボルトの締め付け手順の指示が不適切なため、そのまま使用を続けると、当該ボルトが緩み、最悪の場合、走行不能になるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、すべての固定ボルトを点検し、正しい手順で再度締め付ける。また、固定ボルトに損傷があるものは、固定ボルトを新品に交換する。

■車名
BMW

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

BMW F650GS(F650GS)

WB10218028ZT25516 ~ WB10218028ZT33129
2008年01月07日 ~ 2008年07月14日

計360台

1215440

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る