トライアンフ、「ストリートトリプル」に走行安定性を損なうおそれ

151210_138

■リコール対策届出日
2008年04月08日

■リコール対策届出番号
外-1481

■リコール対策開始日
2008年04月08日

■届出者の氏名又は名称
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
代表取締役 野田一夫
製作国: イギリス
製作者名: トライアンフモーターサイクルズ社
問い合せ先: 03-6453-9810

■不具合の部位(部品名)
緩衝アーム/ロッド

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
リヤサスペンションにおいて、ショックアブソーバ内部のシール部が損傷しているため、ショックアブソーバのオイルが漏れることがある。そのため、緩衝機能が低下し、最悪の場合、走行安定性を損なうおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、リヤサスペンションを良品と交換する。

■発見の動機
本国からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1481のステッカーを貼付する。

■車名
トライアンフ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
ストリートトリプル SMTTMD406 2005年02月01日 ~ 2006年02月02日 SMTTMD40668324146~SMTTMD40668343079 89台

■対象台数(合計)
135台

■製作期間(合計)
平成 19 年 7 月 24 日~平成 19 年 10 月 10 日

1214810

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る