BMW、「K1200GT / S」のリコール ホイール回転センサーの配線が損傷しABS警告灯が点灯するおそれ

■リコール届出番号
外-1478-2

■リコール開始日
平成20年4月3日

■不具合の部位(部品名)
ABS

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
フロントブレーキディスク固定ボルトとホイール回転センサーの配線との隙間が狭いため、当該配線がフロントブレーキディスク固定ボルト頭部に接触することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該配線が損傷し、ABS警告灯が点灯するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該配線の取り回しを変更する。

■車名
BMW

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

BMW K1200GT(K1200GT)

WB10587078ZN74430 ~ WB10587068ZN74788
2007年10月29日 ~ 2008年01月07日

BMW K1200S(K1200S)

WB10581A58ZU42588 ~ WB10581A28ZU42886
2007年10月29日 ~ 2008年01月07日

計10台

1214782-001

1214782-002

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る