BMW、「G650X Cosntry」「G650X Challenge」のリコール 車輪の回転が円滑でなくなるおそれ

■リコール届出番号
外-1442-2

■リコール開始日
平成19年11月7日

■不具合の部位(部品名)
その他(走行装置)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
後輪のホイールベアリングを固定するサークリップ(止め輪)に形状が不適切なものがあるため、スペーサーブッシュ(緩衝材)と接触し、削り取られた金属片がベアリング内に混入することがある。そのため、そのまま使用を続けると、ベアリングが損傷し、車輪の回転が円滑でなくなるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、後輪のサークリップ(止め輪)の形状を確認し、不適切なサークリップが取り付けられている場合、左右のサークリップを良品と交換するとともに、スペーサーブッシュ(緩衝材)、ホイールベアリングおよびシャフトシールリング(車軸用シール)を新品と交換する。

■車名
BMW

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

BMW G650X Cosntry(G650X CO)

WB10164097XA60175 ~ WB10164097XA61911
2006年10月16日 ~ 2007年03月26日

BMW G650X Challenge(G650X CH)

WB10165037XA80260 ~ WB10165037XA81537
2006年10月16日 ~ 2007年03月26日

計32台

1214422-001

1214422-002

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  2. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
  3. 2018年10月19日(金)開催の「2018 FIM MotoGP(TM) 世界選手権シリー…
  4. スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とする125ccのストリートスポー…
ページ上部へ戻る