KTM、「200/250EXC」と「250EXC-F/R」に火災に至るおそれ

151202_132
■リコール対策届出日
平成 19 年 7 月 26 日

■リコール対策届出番号
外-1424

■リコール対策開始日
平成 19 年 7 月 26 日

■届出者の氏名又は名称
KTM JAPAN株式会社
〒135-0063 東京都江東区有明3-5-7 TOC有明 2F
製作国 :オーストリア
代表取締役:ミヒャエル・シャノー
製作者名:KTM Sportmotorcycle GmbH
問い合わせ先:03-3527-8885

■不具合の部位(部品名)
燃料装置(燃料タンクキャップ)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンクのキャップの材質が不適切なため、当該キャップが燃料により膨潤し、燃料タンクとキャップの間に隙間が生じ、気密性が劣るものがある。そのため、そのまま使用を続けると、燃料が漏れて、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、燃料タンクのキャップを対策品に交換する。

■発見の動機
市場からの情報と本国 KTM 社からの通知による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1424のステッカーを貼付する。

■車名
KTM

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

型式/型番 通称名 車台番号又はシリアル番号 輸入/製作期間 対象台数
200EXC 200EXC VBKGSA2037M167563~VBKGSA20X7M172050 2006年05月23日 ~ 2006年11月30日 153台
250EXC 250EXC VBKGSA2077M231667~VBKGSA20X7M235728 2006年05月23日 ~ 2006年11月30日 153台
250EXC-F 250EXC-F VBKRFA4077M169942~VBKRFA4077M183632 2006年05月23日 ~ 2006年11月30日 153台
525EXC-R 525EXCRRCA44 VBKRCA4097M449449~VBKRCA4047M452453 2006年05月23日 ~ 2006年11月30日 153台

■対象台数(合計)
225台

■製作期間(合計)
平成 15 年 3 月 4 日~平成 19 年 3 月 6 日

1214240

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る