カワサキ、「ゼファーX」のリコール ガソリンが漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-1903

■リコール開始日
平成19年6月29日

■不具合の部位(部品名)
燃料タンク

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンクの製造工程において、燃料ゲージをタンクに取り付けるボルトを過大なトルクで締付けたため、ガスケットを大きく変形させたものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ガソリンにより膨潤して、更に大きく変形するものがあり、ガスケットの取付けボルト部分の気密性が損なわれ、最悪の場合、ガソリンが漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ガスケットと取付けボルトを対策品と交換し、取付けボルトを規定のトルクで締付ける。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ゼファーX(BC-ZR400C)

ZR400C-342001 ~ ZR400C-344833
2004年10月15日 ~ 2006年07月12日

計1,437台

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る