ドゥカティ、「モンスターS4 RS」に再始動できなくなるおそれ

151202_128
■リコール対策届出日
平成 19 年 2 月 21 日

■リコール対策届出番号
外-1382

■リコール対策開始日
平成 19 年 2 月 21 日

■届出者の氏名又は名称
ドゥカティジャパン株式会社
製作国 :イタリア
代表取締役 ボルティガ ミルコ
製作者名:DUCATI MOTOR HOLDING SpA
問合せ先:ドゥカティジャパン株式会社
アフターセールス部 03-3794-5003

■不具合の部位(部品名)
原動機(スロットルポジションセンサー)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
スロットルポジションセンサーのコネクターの防水構造が不適切なため、コネクター内部に水が浸入し、端子が腐食するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、端子間が接触不良となり、スロットルポジションセンサーが正常に機能せず、エンジン不調となり、最悪の場合、エンストし、再始動できなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、当該コネクターを点検し、端子に腐食のないものはコネクターの防水処理を行なう。また、端子が腐食している場合は、当該コネクターおよびスロットルボディを新品と交換し、コネクターの防水処理を行う。

■発見の動機
イタリア本社からの報告による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1382のステッカーを貼付する。

■車名
ドゥカティ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

型式:ZDMM417AA6B
通称名:モンスターS4 RS
車体番号:ZDMM417AA6B083441~ZDMM417AA6B092254
製作期間:平成 18 年 4 月 19 日~平成 18 年 8 月 8 日

■対象台数(合計)
165台

■製作期間(合計)
平成 18 年 4 月 19 日~平成 18 年 8 月 8 日

1213820

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  2. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
  3. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  4. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
ページ上部へ戻る