ヤマハ、「SEROW 250」の改善対策 サイドスタンドを上げることができなくなるおそれ

■改善対策届出番号
国-0348-2

■改善対策開始日
平成19年1月24日

■不具合の部位(部品名)
装置その他

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
サイドスタンドのリターンスプリングのフックピンの硬度が不足しているため、サイドスタンド操作時の摺動により当該フックピンが摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該フックピンが折損してリターンスプリングが外れ、サイドスタンドを上げることができなくなる。

■改善対策の内容
全車両、フックピン及びリンクを対策品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

SEROW 250(BA-DG11J)

DG11J-000027 ~ DG11J-007778
2005年03月09日 ~ 2006年12月21日

計5,520台

2103482-001

2103482-002

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る