モトグッティ、「Griso V1100」と「Breva V1100」に車両が転倒するおそれ

151201_130

■リコール対策届出日
平成18年03月30日

■リコール対策届出番号
外-1297

■リコール対策開始日
平成18年03月30日

■届出者の氏名又は名称
届出者:株式会社福田モーター商会
東京都江東区佐賀1丁目4−9
03-3630-9751
制作国:イタリア
製作者名:MotoGuzzi S.p.A

■不具合の部位(部品名)
駆動力伝達部

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ファイナルギヤボックスに組み付けられているベアリングの許容荷重の低いものを使用したため、当該ベアリングが早期に摩耗してシール性が低下することがある。そのため、そのまま使用を続けると、ホイール側接合部からオイル漏れが生じて飛散したオイルがリヤタイヤに付着し、最悪の場合、車両が転倒するおそれがある。

■リコール対策の内容
・全車両、ファイナルギヤボックスを対策品と交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1297のステッカーを貼付する。

■車名
モトグッテイ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数
型式:LS等
通称名:MotoGuzzi Griso V1100
車体番号:ZGUKDC1102M111956 ~ ZGUKDC4KD2M185642

型式:LP等
通称名:MotoGuzzi Breva V1100
車体番号:ZGULP00025M111543 ~ ZGULP00065M112727

■製作期間の全体の範囲
2005年06月02日 ~ 2006年02月08日

■対象台数(合計)
63台

151201_131

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る