カワサキ、「ZRX」の改善対策 走行安定性が損なわれ転倒するおそれ

■改善対策届出番号
国-0279

■改善対策開始日
平成17年3月16日

■不具合の部位(部品名)
その他(その他)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
運転者用ステップの下側に取り付けている車両傾斜時に路面に接地したことを足元で検知するためのボルト(バンクセンサーボルト)に誤って長さの短いボルトを取り付けたものがある。そのため、右旋回時に当該ボルトが路面に接地するのとほぼ同時にマフラボディが路面に接地することから、走行安定性が損なわれ、最悪の場合、転倒するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、バンクセンサーボルトを点検し、当該ボルトの長さが短いものは正規品と交換する。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ZRX(BC-ZR400E)

ZR400E-051008 ~ ZR400E-051069
2005年02月03日 ~ 2005年02月10日

計19台

2102790

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る