ヤマハ、「BJ YL50」のリコール フィラメントが異常燃焼して断線し、前照灯が不灯となるおそれ

■リコール届出番号
国-1356

■リコール開始日
平成17年2月18日

■不具合の部位(部品名)
前照灯

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
前照灯の電球の仕様の設定が不適切なため、前照灯を点灯した時に、電球の温度が高温となり、導入線のガラス封着部の表面の劣化が早期に進行することがある。そのため、外気が電球内部に侵入し、フィラメントが異常燃焼して断線し、前照灯が不灯となるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、前照灯の電球を対策品と交換するとともに、取扱説明書の当該電球の仕様の記載内容を対策品の使用に変更する

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

BJ YL50(BB-SA24J)

SA24J-100101 ~ SA24J-126813
SA24J-200101 ~ SA24J-229842
2003年08月16日 ~ 2004年12月25日

計56,451台

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る