ハーレー・ダビッドソン、「ダイナ・スーパーグライ」に操縦不能になるおそれ

1211890
■リコール対策届出日
2004年12月22日

■リコール対策届出番号
外-1189

■リコール対策開始日
2004年12月22日

■届出者の氏名又は名称
ハーレーダビッドソン ジャパン 株式会社
代表取締役 スチュアート・ファレル
(製作国:アメリカ合衆国)
(製作者名:ハーレーダビッドソンモーターカンパニー)
(問い合せ先:0800-080-8080)

■不具合の部位(部品名)
その他(その他)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ボルテージ・レギュレーターにオプションのアクセサリー・カバーを取り付けた場合に、当該カバーとフロントフェンダー(泥よけ)の隙間が少ないため、フロントサスペンションが最も縮むような特定の条件下で使用すると、当該カバーにフロントフェンダーが接触することがある。このため、当該カバーにフェンダーが噛み込むことがあり、最悪の場合、操縦不能になるおそれがある。

■改善措置の内容
対象車両に取り付けられているボルテージ・レギュレーターカバーを取り外す。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1189のステッカーを貼付する。

■車名
ハーレー・ダビッドソン

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
FXDダイナ・スーパーグライド GHV 2003年11月20日 ~ 2004年09月15日 5HD1GHV174K311782 ~ 5HD1GHV144K315997 4台
FXDXダイナ・スーパーグライド・スポーツ GJV 2003年11月20日 ~ 2004年09月15日 5HD1GJV134K304769 ~ 5HD1GJV134K304769 4台
FXDCダイナ・スーパーグライド・カスタム GTV 2003年11月20日 ~ 2004年09月15日 5HD1GTV105K305004 ~ 5HD1GTV105K305004 4台

■対象台数(合計)
4台

■製作期間(合計)
2003年11月20日 ~ 2004年09月15日

1211890

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る