ヤマハ、「メイト50」のリコール キャブレターから燃料が漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-1178

■リコール開始日
平成16年7月28日

■不具合の部位(部品名)
キャブレター

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
キャブレターの燃料流入量調整作業が不適切なため、サイドスタンドをかけ駐車する等、キャブレターが左側に傾くと、キャブレター内のフロートがキャブレター本体と接触するものがある。そのため、燃料タンクからの燃料流入量を制御できなくなり、キャブレターから燃料が漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、キャブレターを良品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

メイト50(BB-UA04J)

UA04J-056334 ~ UA04J-057793
2004年04月23日 ~ 2004年06月10日

計1,460台

1111780

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る