ハーレー・ダビッドソン、「ウルトラクラシック・エレクトラ・グライド」に走行不能になるおそれ

1211290

■リコール対策届出日
2004年06月11日

■リコール対策届出番号
外-1129

■リコール対策開始日
2004年06月11日

■届出者の氏名又は名称
ハーレーダビッドソン ジャパン 株式会社
代表取締役 スチュアート・ファレル
(製作国:アメリカ合衆国)
(製作者名:ハーレーダビッドソンモーターカンパニー)
(問い合せ先:0800-080-8080)

■不具合の部位(部品名)
ヒューズ

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
充電システムを交換した車両において、メイン・サーキットブレーカーの容量の設定が不適切なため、エンジンの熱や振動により、当該ブレーカーの接点が開くことがある。そのため、電源が遮断され、エンジンが停止し走行不能になるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、メイン・サーキットブレーカーを対策品と交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1129のステッカーを貼付する。

■車名
ハーレー・ダビッドソン

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号
FLHTCUIウルトラクラシック・エレクトラ・グライド FCW 1998年11月27日 ~ 2000年04月13日 1HD1FCW1XXY613032 ~ 1HD1FCW14YY634671
FLHTCUIウルトラクラシック・エレクトラ・グライド FGW 1998年11月27日 ~ 2000年04月13日 1HD1FGW16XY616520 ~ 1HD1FGW13YY626018

■対象台数(合計)
18台

■製作期間(合計)
1998年11月27日 ~ 2000年04月13日

1211290

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る