BMW、「R850R」のリコール 燃料が漏れ火災に至る おそれ

■リコール届出番号
外-1123-1
外-1123-2

■リコール開始日
平成16年6月1日

■不具合の部位(部品名)
燃料ホース/パイプ

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
①燃料ホースコネクターを脱着した際、オーリングがずれるものがあるため、当該コネクターの脱着を繰り返し行うとオーリングが損傷し、燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至る
おそれがある。

②燃料ホースクランプの締付けが不十分なため、エンジンの振動等により当該クランプ部から燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

■改善対策の内容
①当該コネクターの脱着のたびにオーリングを交換するよう基準を変更し、その旨を徹底するため警告ラベルを燃料タンクに貼る。なお、当該コネクターから燃料漏れがある場合
は、オーリングを新品と交換する。

②当該クランプを増し締めし、燃料漏れがある場合は当該クランプ及び燃料ホースを新品と交換する。

■車名
BMW

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

BMW R850R(R850R)

WB10428J13ZF00018 ~ WB10428J44ZF04923
2002年09月01日 ~ 2003年12月15日

BMW R850R(R850R)

WB10428J13ZF00018 ~ WB10428J44ZF04923
2002年09月01日 ~ 2003年12月15日

計94台

1211231

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る