ヤマハ、「ビーノXC50」のリコール 電気配線が発熱し火災に至るおそれ

■リコール届出番号
国-1082

■リコール開始日
平成16年5月20日

■不具合の部位(部品名)
配線

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
灯火器類等の電気配線の固定位置が不適切なものがあるため、当該配線が排気管と接触して溶損し、当該配線が短絡することがある。そのため、灯火器類が不灯となり、最悪の場合、当該配線が発熱して火災に至るおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、電気配線の位置決めマークの取付位置を点検し、不適切なものは当該マークの取付位置を適切な箇所に変更し、当該配線を取り付ける。なお、配線が溶損しているものは新品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ビーノXC50(BA-SA26J)

SA26J-100101 ~ SA26J-104900
SA26J-200101 ~ SA26J-204826
2004年02月13日 ~ 2004年04月12日

計8,425台

1110820

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  4. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
ページ上部へ戻る