トライアンフ、「ボンネビルアメリカ」と「スピードマスター」に後輪ブレーキが効かなくなるおそれ

151209_114

■リコール対策届出日
2004年01月15日

■リコール対策届出番号
外-1080

■リコール対策開始日
2004年01月15日

■届出者の氏名又は名称
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
代表取締役 野田一夫
製作国: イギリス
製作者名: トライアンフモーターサイクルズ社
問い合せ先: 03-6453-9810

■不具合の部位(部品名)
圧力制御伝達部

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
後輪ブレーキリザーバータンクの取り付け位置が不適切なため、走行時の車
両の傾き等により、ブレーキシステム内に空気が混入することがある。そのた
め、そのまま使用を続けると後輪ブレーキの効きが悪くなり、最悪の場合、後
輪ブレーキが効かなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、対策用金具を用い取り付け位置を変更する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-1080のステッカーを貼付する。

■車名
トライアンフ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
ボンネビルアメリカ SMTTJ901 2001年10月01日 ~ 2003年12月11日 SMTTJ901YL2139158 ~ SMTTJ901YL3198493 48台
スピードマスター SMTTJ903 2001年10月01日 ~ 2003年12月11日 SMTTJ903Y42139158 ~ SMTTJ903Y43198493 48台

■対象台数(合計)
43台

■製作期間(合計)
2001年10月01日 ~ 2003年12月11日

1210800

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る