カワサキ、「ゼファー1100」のリコール オイルパイプの取付部からオイルが漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-0996

■リコール開始日
平成15年10月31日

■不具合の部位(部品名)
潤滑装置

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
オイルクーラの塗装が不適切なため、オイルクーラとオイルパイプを締結するボルトが緩むものがある。そのため、そのまま使用を続けると、オイルパイプの取付部からオイルが漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、オイルクーラを対策品と交換するとともに、オイルクーラとオイルパイプ間のオーリング及びボルトを新品と交換する。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ゼファー1100(BC-ZRT10A)

ZRT10A-062565 ~ ZRT10A-065137
ZRT10A-309251 ~ ZRT10A-309436
2002年09月03日 ~ 2003年07月09日

計241台

1109960

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る