ホンダ、「フュージョン」のリコール ブラケットの溶接が剥がれ、走行安定性を損なうおそれ

■リコール届出番号
国-0980

■リコール開始日
平成15年9月9日

■不具合の部位(部品名)
車体

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
エンジンユニット(エンジン、ミッション及び後輪)を車体に取付けているエンジンハンガーブラケットの溶接が不十分なため、走行時の振動や衝撃により当該溶接部が剥がれるものがある。そのため、当該ユニットが横方向の支持を失い、走行安定性を損なうおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該エンジンハンガーブラケットを良品と交換する。

■車名
ホンダ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

フュージョン(BA-MF02)

MF02-2000088 ~ MF02-2003972
2003年02月14日 ~ 2003年07月05日

計3,728台

1109800

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る