ヤマハ、「XJR1300」のリコール オイルホースの取付部からオイルが漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-0970

■リコール開始日
平成15年7月31日

■不具合の部位(部品名)
潤滑装置

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機において、オイルクーラーの塗装が不適切なため、オイルクーラーとオイルホースを締結するボルトが緩むものがあり、そのままの状態で使用を続けると、オイルホースの取付部からオイルが漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、新品のボルトにネジロック剤を塗布し、新品のワッシャ、金属製のカバーと共に当該ボルトをオイルホースに取り付ける。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

XJR1300(BC-RP03J)

RP03J-005808 ~ RP03J-006808
2002年10月14日 ~ 2003年07月11日

計1,001台

1109700

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
  2. ’18年にフルモデルチェンジした250SSブームの火付け役であるカワサキNinja(ニンジャ…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・広沢商事は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
  4. ボンネビルシリーズにはじまるモダンクラシックのラインナップに、トライアンフの伝説的なビッグネ…
ページ上部へ戻る