カワサキ、「KLX250」のリコール 原動機が停止して再始動が出来なくなるおそれ

■リコール届出番号
国-0953

■リコール開始日
平成15年6月18日

■不具合の部位(部品名)
配線

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
電気装置において、組立作業が不適切なため
(1) メインハーネスをクランプに固定するバンドが欠品しており、メインハーネスがクランプから外れ、クランプ端部と干渉する場合がある。
(2) メインハーネス固定用バンド(6本中の1本)をブラケットの穴に通すべきところ、ブラケットの穴に通さずにメインハーネスをクランプしたためメインハーネスが位置決めされず、周辺の部品と干渉する場合がある。その結果、車両の振動等によりメインハーネスが損傷する場合があり、内部配線が短絡してヒューズが溶断し、前照灯、制動灯、尾灯、番号灯、速度計照明又は方向指示器が作動しなくなるか、あるいは原動機が停止して再始動が出来なくなるおそれがある。

■改善対策の内容
(1)全車両、メインハーネスを点検し、損傷しているものは修理を行なう。
(2)全車両、当該バンドを取付けメインハーネスをクランプに確実に固定する。
(3)全車両、当該バンドをブラケットの穴に通してクランプし、メインハーネスをブラケットに固定する。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

KLX250(BA-LX250E)

LKX250E-A00005 ~ LKX250E-A01193
2002年10月16日 ~ 2003年03月17日

計760台

1109530

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る