BMW、「F650CS」のリコール 駆動力伝達部の不具合 走行不能となるおそれ

■リコール届出番号
外-1003

■リコール開始日
平成15年2月27日

■不具合の部位(部品名)
駆動力伝達部

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
①動力伝達装置において、ギアボックス側のスプロケットの組み付け部の構造が 不適切なため、加減速の繰り返しにより当該スプロケットとギアボックス出力軸との取付部にがたが生じて異音が発生することがあり、そのままの状態で使用を続けると、当該取付部が破損して当該スプロケットが空転し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

②動力伝達装置において、後輪スプロケットの曲げ加工部分の強度が不足している ため、加減速の繰り返しにより当該スプロケットに亀裂が発生することがあり、 そのままの状態で使用を続けると、当該スプロケットが変形して駆動力が十分に 伝達できなくなり、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

■改善対策の内容
①全車両、ギアボックス側のスプロケット、スプロケット固定ナット、ロックワッシャーを対策品と交換する。また、ギアボックス出力軸の取り付け部を点検し、基準を外れているもの、さらに指定の車台番号のものは出力軸を 新品と交換する。

②全車両、後輪側スプロケットを点検し、ろう付け加工が施されていないものは対策品と交換する。

■車名
BMW

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

BMW F650CS(F650CS)

WB10174J82ZH00386 ~ WB10174J43ZH10902
WB10174J82ZH00386 ~ WB10174JX2ZH08120
2001年09月26日 ~ 2002年11月06日

計449台

1210030

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る