ヤマハ、「XVS250ドラッグスター」のリコール 燃料装置より燃料が漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-0803

■リコール開始日
平成14年1月25日

■不具合の部位(部品名)
その他(燃料装置)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料装置において、燃料コックのダイヤフラムをバルブに強くかしめ過ぎたものがあるため、ダイヤフラムに亀裂を生じ、燃料が漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、燃料コックを良品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

XVS250ドラッグスター(BA-VG02J)

VG02J-02672 ~ VG02J-02751
2001年03月02日 ~ 2001年03月05日

計80台

1108030

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る