ホンダ、「エイプ」「モンキー」のリコール 方向指示器が作動しなくなるおそれ

■リコール届出番号
国-0796

■リコール開始日
平成13年12月14日

■不具合の部位(部品名)
方向指示器

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機付自転車の方向指示器において、方向指示器本体と電球を保持するソケットとの接合部の溶接が不適切なため、走行中の振動等により、当該接合部が剥がれて導通不良となることがあり、方向指示器が作動しなくなるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、前面右側と後面左側の方向指示器を良品と交換する。

■車名
ホンダ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

エイプ(BA-AC16)

AC16-1010815 ~ AC16-1012634
2001年07月23日 ~ 2001年08月24日

モンキー(BA-AB27)

AB27-1108286 ~ AB27-1108692
2001年07月23日 ~ 2001年08月24日

計2,227台

1107960

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る