カワサキ、「ZRX1200R」のリコール 前照灯、方向指示器、速度計の照明が点灯しなくなるおそれ

■リコール届出番号
国-0772

■リコール開始日
平成13年9月28日

■不具合の部位(部品名)
配線

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
電気装置において、メーター用電気配線の取りまわしが不適切なため、そのままの状態で使用を続けると、ハンドルを左にきった際、当該電気配線が固定用クランプと擦れて損傷することがあり、最悪の場合、短絡し、前照灯、方向指示器、速度計の照明が点灯しなくなるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該電気配線の取りまわしを正規の位置に変更する。当該電気配線が損傷しているものは、損傷状況に応じた修理を行うとともに、クランプを新品と交換する。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ZRX1200R(BC-ZRT20A)

ZRT20A-006544 ~ ZRT20A-011586
2001年03月05日 ~ 2001年07月19日

計650台

1107720

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  2. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  3. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
  4. LS-MXは元NECのエンジニアが自らの眼で選んだ製品のみを輸入販売するリスウェイのバイク用…
ページ上部へ戻る