ヤマハ、「シグナス」のリコール 後輪制動時に制動灯が点灯しないおそれ

■リコール届出番号
国-0748

■リコール開始日
平成13年6月8日

■不具合の部位(部品名)
制動灯

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
後輪制動措置の制動灯用スイッチの製造時のかしめ方法が不適切なものがあるため、接点の接触が不十分となり、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、後輪制動時に制動灯が点灯しないおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該後輪制動装置の制動灯用スイッチを良品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

シグナス(BC-SE07J)

SE07J-000106 ~ SE07J-000590
2001年04月03日 ~ 2001年04月09日

計93台

1107480

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る