ヤマハ、「マジェスティ」のリコール 前面の非常点滅表示が適切に点滅しない

■リコール届出番号
国-0745

■リコール開始日
平成13年6月2日

■不具合の部位(部品名)
その他(保安灯火)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
非常点滅表示灯の電気回路が不適切な設計であったため、前面の非常点滅表示が適切に点滅しない。

■改善対策の内容
全車両、非常点滅表示灯のスイッチを対策品と交換し、電気配線を追加する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

マジェスティ(4HC)

4HC-061237 ~ 4HC-070060
1997年10月03日 ~ 2001年04月26日

マジェスティ(SG01J)

SG01J-000015 ~ SG01J-006707
1997年10月03日 ~ 2001年04月26日

マジェスティ(BA-SG03J)

SG03J-000027 ~ SG03J-015548
1997年10月03日 ~ 2001年04月26日

計23,532台

1107450

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る