ホンダ、「VFR800P」のリコール ブレーキペダルを踏んでも後輪が制動しなくなるおそれ

■リコール届出番号
国-0747

■リコール開始日
平成13年6月1日

■不具合の部位(部品名)
圧力制御伝達部

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
二輪警察専用車の制動装置において、後輪ブレーキマスターシリンダーを固定するボルトの締付け力が不足しているものがあるため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該ボルトが脱落し、ブレーキペダルを踏んでも後輪が制動しなくなるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ボルトの締付け力を点検し、規定値以下のもは、規定値で締付ける。

■車名
ホンダ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

VFR800P(BC-RC49)

RC49-1000020 ~ RC49-1000424
2001年01月12日 ~ 2001年02月19日

計405台

1107470

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る