ホンダ、「フォルツァ」のリコール 原動機の回転が下がらなくなるおそれ

■リコール届出番号
国-0726

■リコール開始日
平成13年4月4日

■不具合の部位(部品名)
アクセル

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
二輪自動車の加速装置(スロットルグリップ)において、スロットルグリップのハンドルパイプへの挿入部の構造が不適切なため、当該部位に水が進入してハンドルパイプに錆びが発生しスロットルグリップが滑らかに作動しなくなり、最悪の場合、スロットルグリップが戻らなくなり、原動機の回転が下がらなくなるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該スロットルグリップとハンドルパイプを対策品に交換する。

■車名
ホンダ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

フォルツァ(BA-MF06)

MF06-1000022 ~ MF06-1100801
2000年02月25日 ~ 2001年02月21日

計10,758台

1107350

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、全国の正規ディーラーと共に、5月19日(土)と20日(日)…
  2. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  3. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  4. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
ページ上部へ戻る