ヤマハ、「ロードスター」のリコール ガスケットに緩みが生じマフラーが脱落するおそれ

■リコール届出番号
国-0719

■リコール開始日
平成13年3月28日

■不具合の部位(部品名)
消音器

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
騒音防止装置(マフラー)において、排気管とマフラーの結合部のガスケットに緩みが生ずることがあり、当該結合部が緩むとマフラーを車体に取り付けているステーに掛かる応力が増大するため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該ステーが折損し、マフラーが脱落するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ステーを対策品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ロードスター(VP12J)

VP12J-000008 ~ VP12J-000967
1999年04月15日 ~ 1999年11月12日

計960台

1107190

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
ページ上部へ戻る