スズキ、「バンディット1200」のリコール 潤滑油ホースが損傷しオイルが漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-0638

■リコール開始日
平成12年6月6日

■不具合の部位(部品名)
エンジン本体

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機の潤滑装置において、左側潤滑油ホースの組付けが不適切なため、排気管と接触するものがあり、そのままの状態で使用を続けると最悪の場合、当該ホースが損傷しオイルが漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ホースを良品と交換するとともに、ガイドを追加する。

■車名
スズキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

バンディット1200(BC-GV77A)

GV77A-100031 ~ GV77A-100642
2000年02月14日 ~ 2000年05月09日

計612台

1106380

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る