ホンダ、「フォーサイト」のリコール 整流器の樹脂部が溶損し発火するおそれ

■リコール届出番号
国-0607

■リコール開始日
平成12年2月9日

■不具合の部位(部品名)
その他(電気装置)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
電気装置において、バッテリーを充電する整流器の放熱性能が不適切なため、そのままの状態で使用を続けると当該整流器回路のダイオードが熱害により損傷し、整流器回路に過大な電流が流れることから発熱するものがあり、最悪の場合、整流器の樹脂部が溶損し発火するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該整流器を対策品と交換する。

■車名
ホンダ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

フォーサイト(MF04)

MF04-1000018 ~ MF04-1011258
MF04-1100001 ~ MF04-1102771
1997年04月25日 ~ 1999年12月28日

フォーサイト(BA-MF04)

MF04-1200017 ~ MF04-1202358
1997年04月25日 ~ 1999年12月28日

計16,354台

1106070

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る