カワサキ、「ゼファー1100」のリコール クラッチ操作ができなくなり走行不能に至るおそれ

■リコール届出番号
国-0596

■リコール開始日
平成11年12月10日

■不具合の部位(部品名)
駆動力伝達部

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
動力伝達装置のクラッチ部において、減速時に駆動車輪から加わる逆回転力を緩衝するスプリングを保持しているナットの寸法が不適切なため、そのままの状態で使用を続けると、当該スプリングの一部が折損し、その破片がクラッチハブに噛み込み、最悪の場合、クラッチ操作ができなくなり、走行不能に至るおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ナットを良品と、スプリングを新品と交換するとともに、関係部品を点検し、損傷しているものは新品と交換する。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ゼファー1100(ZRT10A)

ZRT10A-049263 ~ ZRT10A-056330
ZRT10A-302652 ~ ZRT10A-307201
1998年07月30日 ~ 1999年07月16日

計688台

1105960

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る