BMW、「R1100S」にリアブレーキが利かなくなるおそれ

151217_127

■リコール対策届出日
1999年10月28日

■リコール対策届出番号
外-0765

■リコール対策開始日
1999年10月28日

■届出者の氏名又は名称
ビー・エム・ダブリュー株式会社
代表取締役 ペーター・クロンシュナーブル
製作国:ドイツ連邦共和国
製作者名:バイエリシェ モトーレンヴェルケ社
問い合わせ先: BMW カスタマー・インタラクションセンター
フリーダイヤル:0120-269-437

■不具合の部位(部品名)
主ペダル/レバー

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ブレーキペダルとマスターシリンダ・プッシュロッドを接続しているボールヘッドスクリューに緩み止め接着剤が塗布されていないため、そのままの状態で使用を続けると当該ボールヘッドスクリューが緩み、最悪の場合、ブレーキペダルから脱落してリアブレーキが利かなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、ボールヘッドスクリューを外し、接着剤を塗布して規定トルクで締め付ける。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-0765のステッカーを貼付する。

■車名
ビー・エム・ダブリュー

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号
BMW R1100S R1100S 1998年05月29日 ~ 1999年06月30日 WB10422JOXZA80279 ~ WB10422J2XZA89128

■対象台数(合計)
650台

■製作期間(合計)
1998年05月29日 ~ 1999年06月30日

1207560

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  3. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  4. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
ページ上部へ戻る