カワサキ、「ZR-7」の改善対策 ドライブチェーンや後輪タイヤが損傷するおそれ

■改善対策届出番号
国-0141

■改善対策開始日
平成11年9月8日

■不具合の部位(部品名)
その他(その他)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
センタスタンドを車枠に取付けているピボットボルト用ロックナットの取付け方法が不適切なため、そのままの状態で使用を続けると、センタスタンドを操作した時の摩擦トルクにより当該ボルトが緩み抜け落ちて、最悪の場合、センタスタンドを操作した時に当該スタンドが変形して、ドライブチェーンまたは後輪タイヤに接触し、損傷させるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ボルトを対策品と交換し、ロックワッシャ及び平ワッシャを追加する。また、当該ボルトが脱落しているものは、センタスタンドを良品と交換するとともに、ブラケットの修正を行う。

■車名
カワサキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ZR-7(ZR750F)

ZR750F-000090 ~ ZR750F-008782
1999年03月03日 ~ 1999年06月28日

計282台

2101410

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

ページ上部へ戻る