スズキ、「TL1000S」のリコール 燃料が漏れるおそれ

■リコール届出番号
国-0520-2

■リコール開始日
平成10年7月8日

■不具合の部位(部品名)
燃料タンク

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンクの支持構造が不適切なため、車体の振動等により、燃料タンク内に設置している燃料ポンプの密封用シール材の変形が促進され、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、燃料タンクの取付方法を改善(4点から6点支持)するとともに、当該シール材を対策品と交換した燃料タンクと交換する。

■車名
スズキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

TL1000S(VT51A)

VT51A-100025 ~ VT51A-101268
1997年01月21日 ~ 1997年07月18日

計1,244台

1105202

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  2. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  3. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  4. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
ページ上部へ戻る