ヤマハ、「ヤマハYV50」のリコール 原動機が停止するおそれ

■リコール届出番号
国-0507-1

■リコール開始日
平成10年1月28日

■不具合の部位(部品名)
その他(燃料装置)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料装置の燃料タンクキャップの構造が不適切なため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、タンク内の圧力が低下し、燃料が供給されず、原動機が停止するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該燃料キャップを対策品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ヤマハYV50(SA01J)

SA01J-000053 ~ SA01J-015232
1997年11月05日 ~ 1998年01月10日

計15,174台

1105071

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る