スズキ、「ヴェクスター」「ヴェクスター150」のリコール センタスタンドが脱落するおそれ

■改善対策届出番号
国-0093

■改善対策開始日
平成7年8月4日

■不具合の部位(部品名)
その他(車枠車体)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
センタスタンドをエンジンケース底部に取り付けているボルトの締め付けトルクの設定が不適切であったため、当該スタンドを立てて高回転の空吹かしを繰り返す等、強い衝撃をともなう振動を受けるような使用の繰り返しにより、締め付けボルトがゆるむものがあり、このままの状態で使用を続けると、最悪の場合、センタスタンドが脱落するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、当該ボルトを変更し、新規規定締め付けトルクで締め付けるとともに、ボルト座に折り曲げ式回り止めプレートを追加する。

■車名
スズキ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ヴェクスター(CF42A)

CF42A-100044 ~ CF42A-108906
1994年07月14日 ~ 1995年07月19日

ヴェクスター150(CG41A)

CG41A-100018 ~ CG41A-102357
1994年07月14日 ~ 1995年07月19日

計8,833台

2100930

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  2. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  3. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
  4. ライディングの安全性を新たな次元へ ボッシュは、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐ「…
ページ上部へ戻る