BMW、「R1100GS」に走行不能と操縦安定性が損なわれるおそれ

151216_132

■リコール対策届出日
1994年07月26日

■リコール対策届出番号
外-0531

■リコール対策開始日
1994年07月27日

■届出者の氏名又は名称
ビー・エム・ダブリュー株式会社
代表取締役 ペーター・クロンシュナーブル
製作国:ドイツ連邦共和国
製作者名:バイエリシェ モトーレンヴェルケ社
問い合わせ先: BMW カスタマー・インタラクションセンター
フリーダイヤル:0120-269-437

■不具合の部位(部品名)
ホイール

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
1)エンジンからの動力を後輪に伝える推進軸の支持部を固定するボルトに締付け力の不足しているものがあり、このままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該ボルトが緩み、脱落して走行不能になるおそれがある。

2)前輪緩衝装置の取付けボルトの締付け作用(保持力)が不十分な為、悪路走行等の過酷な運転による振動により緩むものがあり、このままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該ボルトが外れ、操縦安定性が損なわれるおそれがある。

■改善措置の内容
1)全車両、当該ボルトを点検し、規定以下のものはネジ部に接着剤を塗布し直して、規定トルクで締め付ける。
2)全車両、当該ボルトの取付けナットを対策品(緩み止め加工されたもの)と交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-0531のステッカーを貼付する。

■車名
ビー・エム・ダブリュー

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号
BMWR1100GS R1100GS 1994年03月10日 ~ 1994年06月30日 0057001R1100GSCJ ~ 0060000R1100GSCJ
6366001R1100GSCJ ~ 6367938R1100GSCJ

■対象台数(合計)
224台

■製作期間(合計)
1994年03月10日 ~ 1994年06月30日

1205310

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る