ハーレー・ダビッドソン、「エレクトラグライド・ウルトラクラシック/サイドカー」に原動機の回転数が下がらなくなるおそれ

1205180

■リコール対策届出日
1994年03月31日

■リコール対策届出番号
外-0518

■リコール対策開始日
1994年04月01日

■届出者の氏名又は名称
ハーレーダビッドソン ジャパン 株式会社
代表取締役 スチュアート・ファレル
(製作国:アメリカ合衆国)
(製作者名:ハーレーダビッドソンモーターカンパニー)
(問い合せ先:0800-080-8080)

■不具合の部位(部品名)
定速走行装置

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンク下部にある自動定速走行装置の電気配線スイッチ端子部とアクセルケーブルが干渉し、このままの状態で使用を続けると、当該スイッチ端子部及びアクセルケーブルの被覆が破れて短絡する。このとき、自動定速走行装置は安全装置により解除されるが、熱で溶けた被覆によってアクセルケーブルが固着し、最悪の場合、原動機の回転数が下がらなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、当該スイッチ端子部の被覆を対策品と交換するとともに、アクセルケーブルの配索を変更し、カバーを取り付ける。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-0518のステッカーを貼付する。

■車名
ハーレー・ダビッドソン

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号
エレクトラグライド・ウルトラクラシック DPL 1992年08月01日 ~ 1993年10月28日 1HD1DPL1XPY503244 ~ 1HD1DPL19RY502752
エレクトラグライド・ウルトラクラシック・サイドカー DRL 1992年08月01日 ~ 1993年10月28日 1HD1DRL1XPY502846 ~ 1HD1DRL19RY509113

■対象台数(合計)
517台

■製作期間(合計)
1992年08月01日 ~ 1993年10月28日

1205180

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
  2. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  3. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  4. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
ページ上部へ戻る