ヤマハ、「ヤマハTT250R」のリコール 電気配線の被覆が損傷し火災に至るおそれ

■リコール届出番号
国-0423

■リコール開始日
平成5年12月10日

■不具合の部位(部品名)
配線

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
バッテリーと始動モーター用リレーを接続している電気配線の取り回しが不適切なため、当該電気配線が後輪緩衝装置の副タンクとの連結ホースの継手金具と干渉するものがあり、このままの状態で使用を続けると、電気配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、電気配線を保持バンド(樹脂製)で固定するとともに、電気配線が損傷しているものは新品と交換する。

■車名
ヤマハ

■通称名(型式)/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

ヤマハTT250R(4GY)

4GY-000101 ~ 4GY-008100
1993年04月13日 ~ 1993年10月15日

計7,902台

1104230

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る