ウェビックバイクニュース ニューモデル・レース・リコール・イベント情報を毎日更新!

RSS

総合ニュース

広島銀行、2013年よりヒロシマモーターズの電動バイク「GS」を導入
日本製だから実現する、連続走行70km、最高速度60km、登坂力25 度の業界最高級クラスの圧倒的な走りと極めて俊敏な加速性能を評価

エス株式会社(広島県広島市/代表取締役社長:児玉昇司)が運営する日本初のBTO(※1)日本製電動バイクのオンライン通信販売「ヒロシマモーターズ」の電動バイク「GS」が広島銀行(広島県広島市/代表取締役頭取:池田晃治)に導入されました。広島銀行では、営業車両として電動バイクを使用する予定です。

今回、導入する電動バイク「GS」は1 度の充電約30 円で、連続走行70km 以上、最高速度60km/h以上、登坂力25 度と、圧倒的な走りと極めて俊敏な加速性能を誇ります。今後はますます電動バイク導入を検討する企業が増えると思われます。
(※1:パーツを指定しそれに応じてオリジナルの電動バイクを生産する製造方法)

■「ヒロシマモーターズ」について
電動バイクという分野は発展途上であり、今後急速に進化・拡大していく市場だと私たちは予測しています。これは、電動バイクが単に「バイク」というカテゴリーのみに収まるものではなく、スマートフォンや家電、住宅など私たちを取り巻くものと一体化し、劇的に変化させる可能性を秘めているからです。 電動バイクの販売を通して、あらゆるものとの共存・発展を目指し、未来を切り拓いていける存在でありたいとの願いからヒロシマモーターズは誕生いたしました。

<商品詳細>
●電動バイク「GS(ジーエス)」価格:218,000 円(税込)


<販売方法>
ヒロシマモーターズWeb サイトにて
http://hmotorsjapan.com

■導入の経緯
当社代表の児玉昇司は導入に至った経緯として、「電動バイクGS は燃費性能・環境性能が良いだけでなく、金融機関の日々の業務に耐えうる走行距離、パワー、スピードを兼ね備えているからこそ、広島銀行に導入されたと思っております。中国製電動バイクが多く普及する中、当社は日本製にこだわり、今後も更なる性能向上・品質改善に努めて参ります。」と話しています。

■今後の見通し
企業・個人を問わず、環境保護やコスト削減に対する意識の高まり、ガソリン価格の高騰等から、今後ますます電動バイクに対する需要が増えてくると思われます。まずは年間1,000 台の受注を目指し、海外市場での電動バイク事業の展開を視野に入れて運営していきます。安価かつ環境にやさしく、走行性能の良い電動バイクの製造・販売を推進するとともに、車種やカスタムの種類の拡大、スマートフォンや住宅等との融合を模索し、皆様にとって電動バイクが身近な存在として認識していただけますよう、国内外での電動バイクの普及のために革新的な取り組みを進めていきます。

[関連ニュース]
◆日本初、5万6千通りカスタムできるBTO電動バイクが誕生!あなただけの世界で1台しかないバイクに
    →全文を読む

情報提供元 [ ヒロシマモーターズ ]
情報更新日 [ 01月24日 13:00 ]

写真ニュース

Seven MX | 2015 Rider Support Pro...
...記事全文
2014 グッドウッドカフェの写真掲載...
...記事全文
お台場で「モータースポーツジャパ...
...記事全文
NEWタイヤ
...記事全文
決勝は6番グリッドから! 中上貴晶...
...記事全文
続きを読む

最近の話題

> お台場で「モータースポーツジ...
今日(25日)、明日(26日)の2日間に渡って、 東京・お台場の「船の科学館駅」前に設置された特設会場で...
10月26日 00:30 [雑誌]
  Dream Team #1 | Factory Team ... [ 動画 ]
  リハビリ的な感じ [ ライダー ]
  Seven MX | 2015 Rider Support... [ 海外 ]
  2014 グッドウッドカフェの写真... [ ショップ ]
  【WTCC】第11戦 日本 予選 [ レース ]
  【新製品】チーム無限、「無限... [ 総合 ]

話題のテーマ

ニュースランキング

  • アクセス